与野医師会主催「病院・在宅医療連携研修会」に明医研多職種メンバーが参加しましたNEW!

明医研ニュース    2019年1月17日

■2019年1月12日(土)与野医師会主催「病院・在宅医療連携研修会」がさいたま市民医療センターで開催され、明医研多職種メンバーが参加しました

標記の通り与野医師会主催による地域在宅医療・介護を行う機関を対象とした研修会が開催されました。

約80名が参加する中、病院退院支援や在宅医療の実態の講義、がん在宅看取りケアや非がん高齢者ケアの事例紹介、模擬退院カンファレンスのグループワークといった有意義な内容となりました。

明医研からは、デュエット内科クリニック大和康彦院長、ハーモニークリニック中井秀一副院長、ケアメイト訪問看護ステーション鷹羽佳美管理者・中村千鶴主任、アトリオ訪問看護ステーション中島悦子管理者・中島拓馬理学療法士の6名が参加しました。

 

中島悦子管理者(埼玉県訪問看護ステーション協会・前会長)が「在宅医療・介護連携推進委員」として本研修会の企画運営に携わりました。

引き続き、地域の医療介護施設の顔が見えるより良い関係を構築し、さいたまでの在宅医療・介護の推進につながるよう努めて参ります。