お知らせ

明医研の在宅医療の取り組みが「メディカルネットワークvol.23」2019年1月号の記事に登場しましたNEW!

お知らせ    2019年2月5日

明医研の在宅医療の取り組みについて、先般以下の雑誌より取材を受けました。

本誌の特集「Practice of Network」に明医研が登場します。出版社よりご許可をいただき、PDFで記事をご覧いただけます。(画像クリックでもご覧いただけます)

■出版元  :田辺三菱製薬株式会社

■雑誌名  :「Medical Network」 Vol.23 2019

■該当ページ:  p10-p13 

■タイトル :「0~100歳まで診る外来の延長としての在宅医療を医師、看護師、薬剤師を要としたチーム医療で支える

■取材日  :2018年7月25日

 

 

明医研は、女性の活躍を応援しています(埼玉版「ウーマノミクスプロジェクト」参加・「多様な働き方実践企業認定制度」ゴールド認定取得)NEW!

お知らせ    2019年2月1日

明医研は「輝く女性応援団」に参加しています

埼玉県では、女性が生き生きと活躍できる社会を目指して、平成24年度から「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」を進めています。

2018年12月に医療法人明医研では、埼玉県と一緒に当プロジェクトを実践する「輝く女性応援団」に参加いたしました。

ウーマノミクスとは、「女性が生き生きと夢をもって活躍することができるような社会づくりを進め、それが地域経済の活性化につながること」を言います。

当プロジェクトに賛同する企業は、次のロゴを掲示することができます。ウーマノミクスに関しての詳細情報は、埼玉県庁ウーマノミクス公式ホームページをご覧ください。

 

 

また、2019年2月1日付で女性が生き生きと働ける職場環境づくりを進める「多様な働き方実践企業認定制度」のゴールド認定も取得しました。

 

明医研は女性の活躍を応援しています。

職員採用ページはこちら

 

 

与野医師会主催「病院・在宅医療連携研修会」に明医研多職種メンバーが参加しましたNEW!

明医研ニュース    2019年1月17日

■2019年1月12日(土)与野医師会主催「病院・在宅医療連携研修会」がさいたま市民医療センターで開催され、明医研多職種メンバーが参加しました

標記の通り与野医師会主催による地域在宅医療・介護を行う機関を対象とした研修会が開催されました。

約80名が参加する中、病院退院支援や在宅医療の実態の講義、がん在宅看取りケアや非がん高齢者ケアの事例紹介、模擬退院カンファレンスのグループワークといった有意義な内容となりました。

明医研からは、デュエット内科クリニック大和康彦院長、ハーモニークリニック中井秀一副院長、ケアメイト訪問看護ステーション鷹羽佳美管理者・中村千鶴主任、アトリオ訪問看護ステーション中島悦子管理者・中島拓馬理学療法士の6名が参加しました。

 

中島悦子管理者(埼玉県訪問看護ステーション協会・前会長)が「在宅医療・介護連携推進委員」として本研修会の企画運営に携わりました。

引き続き、地域の医療介護施設の顔が見えるより良い関係を構築し、さいたまでの在宅医療・介護の推進につながるよう努めて参ります。

 

 

デュエット内科クリニック大和康彦院長が「緩和医療の実際 -クリニック・在宅医療の立場から-」を講演しましたNEW!

明医研ニュース    2019年1月17日

■2019年1月11日(金) デュエット内科クリニック大和康彦院長が自治医科大学附属さいたま医療センターにて「緩和医療の実際 -クリニック・在宅医療の立場から-」を講演しました

自治医科大学附属さいたま医療センターで開催された「埼玉緩和ケア講演会」において、埼玉県立がんセンター・さいたま市立病院・共済病院の先生方と共に、さいたま市のクリニックを代表としてデュエット内科クリニック大和院長が登壇しました。

大和康彦院長は自治医科大学附属さいたま医療センター総合診療科時代に、中井秀一先生(現ハーモニークリニック副院長)や松林洋志先生(現医療法人明医研医局長)を指導。その後医療法人明医研に集いチーム医療を実践しています。

今回の講演会には自治医科大学附属さいたま医療センターの多数の医師、看護師、薬剤師など計150名程度の聴講者が参加され、大いに勉強になったと好評な会になりました。

 

講演を行う大和康彦院長

■大和康彦院長略歴

2000年 杏林大学医学部卒業。佐久総合病院初期研修医

2002年 佐久総合病院総合診療科後期研修医

2004年 佐久総合病院総合診療科

2007年 自治医科大学附属さいたま医療センター総合診療科

2009年 医療法人明医研ハーモニークリニック入局

2016年7月より医療法人明医研デュエット内科クリニック院長就任

日本内科学会総合内科専門医、日本在宅医学会認定在宅医療専門医、日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医、日本医師会認定産業医、埼玉県身体障害者肢体不自由指定医師

ハーモニーだより82号(PDF掲載あり)

ハーモニーだより(明医研季刊誌)    2018年12月1日

2018年12月1日 ハーモニーだより82号を発行しました。

画像をクリックするとPDFで誌面をご覧いただけます。

 

タイトル 執筆者

明医研の医師より

「干支の区切り」考 中根晴幸Dr
百寿祝い 大和康彦Dr 
気を付けて!冬のお風呂 市川聡子Dr
予防接種とオバマ大統領 市川家國Dr
SNS活用法 中井秀一Dr
むずむず脚症候群 松林洋志Dr
腰痛について 有馬聖永Dr
共存共栄 木村淑子Dr
一カ月の研修を終えて

さいたま市立病院研修医

朝倉尭Dr

各部門からの報告

第12回埼玉プライマリ・ケア連合研究会を開催しました。

法人本部

なるほど健康講座

認知症の方への対応方法 ケアメイト訪問看護ステーション 師長 鷹羽佳美

ふれあいホームページ

<前号はこちら>

ハーモニーだより81号 ※74号よりPDF掲載を開始しました。

(編集事務局:検査科主任福田由記子)

『認知症の方への対応方法』

なるほど健康講座    2018年12月1日

『認知症の方への対応方法』 ケアメイト訪問看護ステーション 師長 鷹羽佳美

ハーモニーだより82号に掲載しています。クリックすると該当の記事が拡大します。

11月16日(金)「第12回埼玉プライマリ・ケア連合研究会」の開催案内について(申込終了)

お知らせ    2018年10月17日

第12回 埼玉プライマリ・ケア連合研究会 

~地域連携、特に、地域包括ケア

埼玉プライマリ・ケア連合研究会では標記研究会を開催いたします。

  • 日時   :2018年11月16日(金)19時00~21時10分(予定)
  • 場所   :大宮ソニックシティビル 603会議室
  • 主催   :埼玉プライマリ・ケア連合研究会
  • 参加費用 :1,000円(当日受付にて承ります) 釣銭がでないようご協力をお願いいたします。
  • 対象・定員:医療・介護機関の活動に関わる方、先着80名様

 

参加申し込み方法 

 11月9日(金)までに次の入力フォームから必要事項をご入力下さい。

 お申込み手続き完了後、事務局より参加可否をメールでご連絡いたします。(定員により早めに締め切ることがございます)

 申し込みを終了いたしました。

注意事項

 当日参加申込の方については、会場の都合上、立ち見となる場合がございますので予めご了承下さい。

プログラム

19:00~ 開会挨拶

医療法人明医研 ハーモニークリニック

院長 中根晴幸 先生

19:10~ 一般演題  座長:中根晴幸 先生
1.「さいたま赤十字病院における退院調整システム ~退院支援の実際~」

さいたま赤十字病院

看護師長 小野島圭子 先生

2.「薬薬連携を考える ~さいたま市薬剤師会における取り組みとその効果~」

さいたま市薬剤師会 常務理事

コスモ薬局 野田政充 先生

3.「体験しよう!シネメデュケーション ~院内多職種連携への応用~」

医療法人明医研 ハーモニークリニック

副院長 中井秀一 先生

20:10~ 特別講演 

座長:さいたま市民医療センター

副院長 石田岳史 先生

「がんとともに歩む人々への居場所を ~マギーズ東京の試み~」

株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション統括所長/暮らしの保健室 室長/認定NPOマギーズ東京 センター長

秋山正子 先生

21:10~

閉会挨拶

石田岳史 先生

同内容のチラシ(PDF)はこちら

 

◆取得可能単位

 日本医師会生涯教育講座:2単位(カリキュラムコード 10138081)

 日本プライマリ・ケア連合学会専門医・認定医単位更新:2単位

 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定薬剤師 認定単位:1単位

 

◆問い合わせ

 埼玉プライマリ・ケア連合研究会事務局(医療法人明医研) info@meiiken.or.jp まで

 

______

~明医研の広報誌「ハーモニーだより」82号(2018年12月1日発刊)より本文一部抜粋
http://meiiken.or.jp/…/uploads/fc7de8fb81d1c58ceb40bc1d9c18…

医療法人明医研 理事長 中根晴幸

<第12回埼玉プライマリ・ケア連合研究会について>
明医研は医師・看護師・協力薬局が地域医療教育に参加しています。
その一つである日本プライマリ・ケア連合学会という総合診療を主眼とした学会活動に以前より参加し医療に関わる多職種が参加する勉強会開催に協力しています。

本学会の全国大会が埼玉で開催された平成9年に当院の在宅医療を紹介して以来縁が続き、近年は自分が埼玉支部の代表世話人を務めました。次第に埼玉の医療・ケア推進に関わる新しい力が結集されて来た今年を区切りにと、学会運営を若い方々にバトンタッチしました。次期代表をさいたま市民医療センターの石田岳史先生に、事務局長としては当院(ハーモニークリニック)の中井秀一副院長にお願いして、新しい協力体制がスタートしています。

この勉強会は埼玉県のプライマリ・ケア連合学会活動として、学会員だけでなく、医師だけでなく、医療・ケアに関わる多職種の参加が可能な学習の場として育っています。

さらに地域医療に役立つよう、次に来る亥年での成果に期待しています。 

中根晴幸理事長がWEBニュース「m3.com」に掲載されました。

お知らせ    2018年10月9日

医療法人明医研 中根晴幸理事長(ハーモニークリニック院長)が、WEBニュース「m3.com」の取材を受け、2018年10月2日と10月9日に記事掲載されました(2018年8月21日インタビュー:津村育子記者)。

本誌に2回連載として「【埼玉発】地域のための在宅医療、地域の「かかりつけ医」として新しい医療を実践ー医療法人明医研・中根晴幸理事長に聞く」が掲載されていますのでご紹介します。


なお、エムスリー社の許諾をいただき以下のとおりPDFで記事をご覧いただけます。

掲載日 タイトル(クリックするとPDFが展開します) 記事掲載URL(但し要会員登録)

2018.10.2(火)

第1回

【埼玉発】地域のための在宅医療、地域の「かかりつけ医」として新しい医療を実践ー医療法人明医研・中根晴幸理事長に聞く◆Vol.1 m3.com掲載ページ

2018.10.9(火)

第2回

【埼玉発】地域のための在宅医療、地域の「かかりつけ医」として新しい医療を実践ー医療法人明医研・中根晴幸理事長に聞く◆Vol.2 m3.com掲載ページ

 

 

その他明医研の在宅医療・地域医療の取り組みなどは「明医研のアクティビティ」のページをご覧ください。

『物忘れ、何を食べたら良いのか』

なるほど健康講座    2018年9月1日

『物忘れ 何を食べたら良いのか』 ハーモニークリニック 神経内科 岡安裕之

ハーモニーだより81号に掲載しています。クリックすると該当の記事が拡大します。

ハーモニーだより81号(PDF掲載あり)

ハーモニーだより(明医研季刊誌)    2018年9月1日

2018年9月1日 ハーモニーだより81号を発行しました。

画像をクリックするとPDFで誌面をご覧いただけます。

 

タイトル 執筆者

明医研の医師より

23周年の新しい取り組み 中根晴幸Dr
井中の蛙 大和康彦Dr 
明医研の理念を胸に 市川聡子Dr
暑さの中で気になる話 市川家國Dr
院内勉強会の新たな試み 中井秀一Dr
アリアドネの糸 松林洋志Dr
残暑対策 有馬聖永Dr
腸内細菌その2 木村淑子Dr

各部門からの報告

外来看護師長就任にあたって

ハーモニークリニック

看護師長 岡田理恵

各部門からの報告勤続20年職員表彰 (ハーモニークリニック3名が対象)

貴重な経験 医療秘書科 中屋敷 美智子
勤続20年に感謝 医療秘書科 武田 由美子
明医研での20年 検査科主任 福田 由記子

なるほど健康講座

物忘れ 何を食べたらよいのか 岡安裕之Dr

法人本部企画推進室から(明医研 23周年記念行事の風景より)

ふれあいホームページ

<前号はこちら>

ハーモニーだより80号 ※74号よりPDF掲載を開始しました。

(編集事務局:検査科主任福田由記子)